今週の「OKWAVE Stars」は映画『カリフォルニエ』についてアレッサンドロ・カッシゴリ監督とケイシー・カウフマン監督へのインタビューをご紹介します!

OKWAVE Starsでは独自のインタビューとエンタメニュースを平日毎日掲載中。

今週の「OKWAVE Stars」には、第34回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品『カリフォルニエ』のアレッサンドロ・カッシゴリ監督、ケイシー・カウフマン監督が登場。

ドキュメンタリー監督のお二人が、モロッコからイタリアに移住してきた少女の9歳〜14歳を長期間追ったドキュメンタリータッチなフィクション映画を初めて作った経緯や、この映画で新しくチャレンジしたことなどについておうかがいしました。

■Information
第34回東京国際映画祭コンペティション部門アジアン・プレミア『カリフォルニエ』

映画監督のアレッサンドロ・カッシゴリ、ケイシー・カウフマン(映画『カリフォルニエ』)が、イタリアの小さな町に暮らすモロッコ人少女の9歳から14歳までに至る5年間をドキュメンタリー・タッチの映像で描く。ドキュメンタリー監督カッシゴリ&カウフマン初の劇映画。

監督: アレッサンドロ・カッシゴリ、ケイシー・カウフマン
出演: ハディージャ・ジャアファリ、イクラム・ジャアファリ、マリレーナ・アマート

https://2021.tiff-jp.net/ja/lineup/film/3401CMP02

アレッサンドロ・カッシゴリ監督、ケイシー・カウフマン監督インタビュー:
https://okstars.okwave.jp/vol1053/

「モロッコ」に関連したQ&A:
https://okwave.jp/search?per_page=20&word=%E3%83%A2%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3&sort=new

「イタリア」に関連したQ&A:
https://okwave.jp/search?word=%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2

今週の「OKWAVE Stars」は映画『GENSAN PUNCH 義足のボクサー』主演の尚玄さんへのインタビューをご紹介します!

OKWAVE Starsでは独自のインタビューとエンタメニュースを平日毎日掲載中。

今週の「OKWAVE Stars」は、第34回東京国際映画祭「ガラ・セレクション」部門にてジャパン・プレミア上映された映画『GENSAN PUNCH 義足のボクサー』主演の尚玄さんへが登場。

尚玄さんには、モデルとなったボクサーの方と会った話やフィリピンの著名な映画監督・メンドーサ氏に監督を依頼した理由。役作りのためのトレーニングや迫真のボクシングシーンの撮影の様子などについておうかがいしました。

■Information

第34回東京国際映画祭「ガラ・セレクション」部門『GENSAN PUNCH 義足のボクサー(仮)』
映画『GENSAN PUNCH 義足のボクサー』義足のため日本でのプロボクサーへの道が閉ざされた津山尚生はフィリピンへ渡って挑戦を続ける。くじけず目標に向かう実在のボクサーをモデルに、彼を支える異国のコーチ、仲間たちの姿を描くヒューマンドラマ。

監督: ブリランテ・メンドーサ
出演: 尚玄、ロニー・ラザロ、南 果歩

https://2021.tiff-jp.net/ja/lineup/film/3403GLS04

■Profile

尚玄:1978年6月20日、沖縄県出身。
大学卒業後、バックパックで世界中を旅しながらヨーロッパでモデルとして活動。2004年帰国、俳優としての活動を始める。2005年戦後の沖縄を描いた映画『ハブと拳骨』でデビュー。三線弾きの主役を演じ、第20回東京国際映画祭コンペティション部門にノミネートされる。その後も映画を中心に活動するが、2008年NYで出逢ったリアリズム演劇に感銘を受け、本格的にNYで芝居を学ぶことを決意しその年の末に渡米。Blacknexxus(現 Susan Batson Studio)にて演技を学ぶ。現在は日本と海外を行き来しながら邦画だけではなく海外の作品にも多数に出演している。映画『Come and GO』(監督:リム・カーワイ)、『Joint』(監督:小島央大)が劇場公開中。その他にも『親密な他人』(監督:中村真夕)、『Sexual Drive』(監督:吉田浩太)等が公開を控えている。

http://www.instagram.com/shogenism
https://twitter.com/shogenism

尚玄さんインタビュー:
https://okstars.okwave.jp/vol1052/

「ボクシング」に関連したQ&A:
https://okwave.jp/search?per_page=20&word=%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0&sort=new

「フィリピン」に関連したQ&A:
https://okwave.jp/search?per_page=20&word=%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3&sort=new

【冬の感染・不調対策アンケート】OKWAVEからの質問に回答でAmazonギフト券が当たる!(1月キャンペーン)

投稿されるOKWAVEからの質問に回答すると、抽選で合計200名様にAmazonギフト券をプレゼント!
今回の質問はこちら!

————————————-

【OKWAVE質問】冬の感染・不調対策アンケート
https://okwave.jp/qa/q9964890.html
(全2問)
————————————-

■質問1(自由回答)

暖房器具は何を使っていますか?

[回答例]
個々の部屋はエアコンの暖房です。
リビングではこたつと、冷え込む朝は電気ストーブを併用しています。

————————————-
■質問2(自由回答)

空気清浄機や加湿器を利用していますか?
また、機器の掃除はどのくらいを目安に行っていますか?

[回答例]
一体型の加湿空気清浄機を使用しています。
掃除は月に一回くらいです。

————————————-
■質問3(自由回答)

おすまいの都道府県を教えてください

[回答例]
静岡

————————————-

皆さまご回答お待ちしております!!

■キャンペーン概要
上記質問に回答すると、抽選で【100名様】に【300円分】のAmazonギフト券をプレゼント!
上記抽選に外れた方から、さらに再抽選で【100名様】に【100円分】のAmazonギフト券をプレゼントいたします。
是非、ご参加お待ちしております。

※ベストアンサーは選出しません。

▼キャンペーン詳細
OKWAVEからの質問キャンペーン「冬の感染・不調対策」アンケート
https://okwave.jp/qa/q9964890.html

【期間】
2021年1月12日(水)〜2021年1月31日(月)予定

【参加条件・景品】
本質問への回答すると、抽選で【100名様】に【300円分】のAmazonギフト券をプレゼント
上記抽選に外れた方から、さらに再抽選で【100名様】に【100円分】のAmazonギフト券をプレゼント

【当選者へのご連絡】
2021年12月中旬までのご連絡を予定しています。
ご連絡は当選者のみとさせていただきます。落選の場合は通知はございませんので、予めご了承ください。

【景品の送付方法、その他注意事項】
・当選者には、ご登録のOKWAVEアカウントの登録メールアドレスに、Amazonギフト券【300円分】または【100円分】を送付いたします。
・なお、Amazon経由での送付となるため、差出人はAmazonのアドレスになります。予めご了承ください。
・Amazonギフト券はメールから直接受け取れるオンラインギフトとなっています。
・メール本文内にはギフト券(番号)が記載されています。メール本文のリンクからAmazonギフト券ページに移動し、番号を入力するとすぐにご利用いただけるようになります。
・当社からAmazonギフト券を発送後、6か月を経過してもお客様のAmazonアカウントへギフト券登録がない場合、該当のAmazonギフト券をご利用することができなくなります。予めご了承ください。
・お知らせをした時点でOKWAVEアカウントを退会した場合、もしくはアカウントが利用規約違反によりご利用停止中の場合は、Amazonギフト券送付の対象となりませんので、予めご了承ください。ご連絡のメールアドレスが存在しなくなり、ご連絡が取れなくなった場合は、無効とさせていただく場合がございます。
・本キャンペーンの内容は、予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。
・当選となった方は、権利を譲渡することや商品を換金することはできません。本キャンペーン運営上、平等性を欠くような行為と当社が判断した場合、無効とさせていただく場合がございます。
・本キャンペーンについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。株式会社オウケイウェイヴまでお願いいたします。

【お問い合わせ先】
以下リンク先のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせは★こちら

※本キャンペーンの当選状況に関するお問い合わせはお受けすることができません。

今週の「OKWAVE Stars」は東京国際映画祭 Nippon Cinema Nowにてワールド・プレミア上映された映画『なぎさ』の古川原壮志監督へのインタビューをご紹介します!

OKWAVE Starsでは独自のインタビューとエンタメニュースを平日毎日掲載中。

今週の「OKWAVE Stars」には、2021年10月30日〜11月8日に開催された第34回東京国際映画祭の「Nippon Cinema Now」部門にてワールド・プレミア上映された映画『なぎさ』の古川原壮志監督さんが登場。

古川原監督には、製作の経緯や作品のテーマ、本作の映像へのこだわりや、今後作りたいと考えている作品などについておうかがいしました。

■Information

偶然訪れた心霊スポットのトンネルで、兄は妹の幽霊に出会う。そこは妹が事故死した現場だった。トンネルの暗闇の中、兄は妹を探し彷徨い始める。暗闇は過去の故郷の時間へ、兄を誘う。

監督: 古川原壮志
出演: 青木柚 山崎七海 北香那

https://2021.tiff-jp.net/ja/lineup/film/3405NCN05

古川原壮志監督インタビュー:
https://okstars.okwave.jp/vol1051/

「トンネル」に関連したQ&A:
https://okwave.jp/search?word=%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

「幽霊」に関連したQ&A:
https://okwave.jp/search?word=%E5%B9%BD%E9%9C%8A

読書に関するアンケート結果

キャンペーンで実施した
OKWAVEからの質問【読書に関するアンケート】の
アンケート結果を発表します!

【OKWAVE】 読書に関するアンケート
https://okwave.jp/qa/q9937470.html

期間:2021年10月29日(金)~2021年11月9日(火)
回答:185件

たくさんの回答ありがとうございました。


【どんな本が好きですか?】という質問に対し、たくさんのタイトルを、思い出とともに投稿していただきました。
「小説(フィクション)」が好きと答えた方が最も多く、全体の39%を占めています。
『走れメロス』や『イワンの馬鹿』などの往年の名作から、サスペンス・ミステリー、ライトノベルなど、様々なジャンルがありましたが
特に多く挙げられていたタイトルは、J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズです。

———————-
ハリーポッターシリーズが好きです。
学生のときに初めて読み始めたときは あんな分厚いの読みきれるかなと不安でしたが
不思議な世界観に引き込まれて一気に読んでしまいました。
今でも 別世界に浸りたいときは 一人になって読んでいます。
———————-
読んでも読んでも飽きなくてワクワクが止まらないです
———————-
やや子供の絵本のようなストーリーだけど、物語の設定がとても奥深く、完成度が高いため
———————-

1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの学校生活や、
強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの戦いを描いた物語は
子供から大人まで楽しめる内容で、1997年に発売されて以降、
世界中で大ヒットし、さらには映画化までされました。
2007年に全七巻として完結していますが、今でも多くのファンを魅了し続けています。

また、サスペンス・ミステリーでは東野圭吾作品が好きという方が多いようです。

———–
秘密(東野圭吾作)、
理由:現実離れした設定ですが、繊細な心情描写に心奪われたためです。
———–
作品:真夏の方程式
理由:東野圭吾が大好きなのとこの本は次々と難しい事件を解決していくところがすごく痛快で引き込まれるからです。
———–

次点は「情報・実用書」「その他」が同率となっております。
「その他」では詩集やエッセイ、雑誌を挙げている方も。
また、タイトルではなく「この作家の作品がすべて好きです!」というような、熱烈なファンコールも見受けられました。

「情報・実用書」では、学術的な本や、情報収集や自身のスキルアップのための本や、
自己啓発本などが挙げられていましたが、「時刻表」といったデータを見ながら
想像を膨らませたり、活用したりする方も。

———————-
時刻表……これってあり?
理由:頭の中でパズルのように楽しんだり、行った先を妄想してみたり……使い方は自由自在というところが好き。
———————-
アプリやwebでは分かりにくい停車時間、追い越し、列車番号、編成が容易に理解できる。
———————-

 

小説(歴史モチーフ)のカテゴリでは、大御所・司馬遼太郎作品を挙げている方が多く、
司馬遼太郎の作品から歴史に興味をもったという方も少なくないのではないでしょうか。

———————-
司馬遼太郎の「坂の上の雲」が好きです。

明治時代の若者が自分の持てる力を国の発展のために尽くす精神が今の
時代にも必要だと思います。しかし、現代の若者に当時の若者の様な
純粋な情熱が足りないと感じます。
若い人に読んで欲しい。
———————-
作品:坂の上の雲
理由:NHKドラマをきっかけに、近代史に興味を持ちました。
極東の小国から列強に並ぶまでの日本の姿に感動しました。
———————-
竜馬がゆく
人生のバイブル
———————-

 

また、絵本や童話のタイトルを挙げている方も多くいらっしゃいました。
人生のなかで一度は触れたことのある、思い出のある方も多いであろう作品たち。
子供のころを思い出したり、そして大人になってから読み返し新たな発見をしたり、
自分の子供に読み聞かせたり…。
いつまでも色褪せない名作揃いとなっています。

———————-
100万回生きたねこ
時間の経過とともに揺らぐ物事の価値観について考えさせられるから。
———————-
はらぺこあおむし
エリックカールさんの絵本はどれも好きですが、特にこの本が好きです。色使いやストーリーがとてもかわいくて何度も見てしまいます。
———————-
作品:不思議の国のアリス
理由:小学生の頃、詩的なフレーズをノートに書き写すほど気に入っていました。
———————-
作品:星の王子様、
理由:読むたびに新たな発見があり生きる勇気や知恵を得られる気がしています。
———————-
作品:銀河鉄道の夜
理由:読む年代によって理解が増す不思議な魅力のある本
———————-

 

漫画のカテゴリでは、『ドラえもん』や『ジョジョの奇妙な冒険』など
数多くの大ヒット作の並ぶ中でも、多く挙げられたタイトルは『ONE PIECE』でした。

『ONE PIECE』は、『週刊少年ジャンプ』で1997年より今も連載中の、尾田栄一郎による少年漫画作品です。
2021年2月4日発売のコミックス98巻をもって、日本国内累計発行部数が4億部に到達。
海外累計発行部数とあわせると、全世界累計発行部数が4億8,000万部を突破しています。

———–
大切なことを教えてくれて、感動できるストーリーだからです。
———–

海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公として、たくさんの仲間たちと
「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る冒険漫画の盛り上がりは、とどまることを知らず
読者に感動と興奮を与えているようです。

 

なお、今回のアンケートでは併せて年代を答えていただきましたが、
最も多い年齢層は「40代」次点が「30代」「50代」と、40代前後の方が多いようです。
それぞれグラフのように、「小説(フィクション)」次いで「情報・実用書」をよく読んで
いらっしゃるようですが、「年代別にこのタイトルが多い」というような傾向はありませんでした。
「10代」になるとライトノベルや、『東京卍リベンジャーズ』など最近人気の漫画タイトルも。

そして最後に、回答をひとつ紹介させていただきます。

———–
読書大好き高齢者です。
子供の頃から何もほしいものはなく
ただひたすら本を買ってと言い続けてきました。
その本すらも買ってもらえないような貧乏生活の中で
貸本屋 古本屋 をめぐり学校では図書室で最後まで粘り
図書館は大好きな場所でした。
ぼろを着ても三度の食事を一度にしても
本を買い続け読み続けてきました。
今も一日一時間以上は寝る前に必ず読んでいます。

今一番感激した大好きな本は
柚月裕子の「ミカエルの鼓動」です。
現代医学問題の素晴らしさと抱えうる問題の難しさを感じ、
私も心臓に病を持っていますので非常に興味を持ちました。

年代
後二ヶ月で81歳になります。
———–

歳を重ねても心に残る本や、感動を得るような本との出会い。
今回の質問や、OKWAVE上でのほかの質問を参考に、ぜひ新しく見つけてみてください!

「おすすめの本」をOKWAVEでチェック!
(リンク先 https://okwave.jp/search?per_page=20&word=%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E3%80%80%E6%9C%AC&sort=recommend

いかがだったでしょうか。
今回のアンケートもたくさんの回答をいただきました。改めて心よりお礼申し上げます。

現在開催中のOKWAVEのキャンペーンはこちら!
是非、ご参加ください!

▼OKWAVEからの報酬付き質問に回答すると抽選でAmazonギフト券をプレゼント!

年末・年始 解決促進キャンペーン 期間:2022年1月11日(火)まで

キャンペーン詳細はこちら
https://project.okwave.jp/campaign/more-answer/?by=okwave_banner

▼優待に応募して、さらにOKWAVEからの質問に回答すると、当選確率がアップ!

<開催中の優待キャンペーン>

映画『ミラベルと魔法だらけの家』優待キャンペーン

キャンペーン詳細はこちら
https://staffblog.okwave.jp/2021/11/26/9733/

【今年のふりかえりと来年の抱負アンケート】OKWAVEからの質問に回答でAmazonギフト券が当たる!(12月前半キャンペーン)

毎月投稿されるOKWAVEからの質問に回答すると、抽選で合計200名様にAmazonギフト券をプレゼント!

今回の質問はこちら!

————————————-
【OKWAVE】今年のふりかえりと来年の抱負アンケート
https://okwave.jp/qa/q9956831.html
(全2問)
————————————-
■質問1(自由回答)

前回「2021年に願いたいことは?」に回答した方は、その願いはかないましたか?
また、回答していない方は、今年はどのような一年だったでしょうか。

[回答例]
健康診断で指摘されていたのでダイエットをしました。
成功しました!

————————————-
■質問2(自由回答)

2022年に願いたいことや、来年の抱負を教えてください。

[回答例]
運動不足になっているので、定期的な運動をしたいです。

————————————-

皆さまご回答お待ちしております!!

■キャンペーン概要
上記質問に回答すると、抽選で【100名様】に【300円分】のAmazonギフト券をプレゼント!
上記抽選に外れた方から、さらに再抽選で【100名様】に【100円分】のAmazonギフト券をプレゼントいたします。
是非、ご参加お待ちしております。

※ベストアンサーは選出しません。

▼キャンペーン詳細
【OKWAVE】今年のふりかえりと来年の抱負アンケート
https://okwave.jp/qa/q9956831.html

【期間】
2021年12月22日(水)~2022年1月11日(火)予定

【参加条件・景品】
本質問への回答すると、抽選で【100名様】に【300円分】のAmazonギフト券をプレゼント
上記抽選に外れた方から、さらに再抽選で【100名様】に【100円分】のAmazonギフト券をプレゼント

【当選者へのご連絡】
2021年12月中のご連絡を予定しています。
ご連絡は当選者のみとさせていただきます。落選の場合は通知はございませんので、予めご了承ください。

【景品の送付方法、その他注意事項】
・当選者には、ご登録のOKWAVEアカウントの登録メールアドレスに、Amazonギフト券【300円分】または【100円分】を送付いたします。
・なお、Amazon経由での送付となるため、差出人はAmazonのアドレスになります。予めご了承ください。
・Amazonギフト券はメールから直接受け取れるオンラインギフトとなっています。
・メール本文内にはギフト券(番号)が記載されています。メール本文のリンクからAmazonギフト券ページに移動し、番号を入力するとすぐにご利用いただけるようになります。
・当社からAmazonギフト券を発送後、6か月を経過してもお客様のAmazonアカウントへギフト券登録がない場合、該当のAmazonギフト券をご利用することができなくなります。予めご了承ください。
・お知らせをした時点でOKWAVEアカウントを退会した場合、もしくはアカウントが利用規約違反によりご利用停止中の場合は、Amazonギフト券送付の対象となりませんので、予めご了承ください。ご連絡のメールアドレスが存在しなくなり、ご連絡が取れなくなった場合は、無効とさせていただく場合がございます。
・本キャンペーンの内容は、予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。
・当選となった方は、権利を譲渡することや商品を換金することはできません。本キャンペーン運営上、平等性を欠くような行為と当社が判断した場合、無効とさせていただく場合がございます。
・本キャンペーンについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。株式会社オウケイウェイヴまでお願いいたします。

【お問い合わせ先】
以下リンク先のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせは★こちら

※本キャンペーンの当選状況に関するお問い合わせはお受けすることができません。

今週の「OKWAVE Stars」は映画『偽りのないhappy end』主演の鳴海唯さんへのインタビューをご紹介します!

OKWAVE Starsでは独自のインタビューとエンタメニュースを平日毎日掲載中。

今週の「OKWAVE Stars」は、映画『偽りのないhappy end』(2021年12月17日公開)主演の鳴海唯さんが登場。鳴海さんには、主演のエイミ役についてや琵琶湖周辺で行われたロケの感想。本作主演を経験して得た学びや発見、2021年の振り返りなどについておうかがいしました。

『偽りのないhappy end』
2021年12月17日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかにてロードショー

中学を卒業してすぐに地元滋賀を離れ、ずっと東京に住むエイミは、母親が亡くなった後も一人で滋賀の田舎で暮らしている妹・ユウに、「東京で新しい人生を始めない?」と誘う。
はじめは拒んでいたユウだがなぜか急に東京に来ることを受け入れ、一緒に暮らし始めるが、引っ越してきて早々、ユウは行方不明に…。そんな折、エイミは同じく妹が行方不明になっているヒヨリと出会う。エイミに、地元の琵琶湖で若い女性の遺体が見つかったと警察から連絡がくるが、見つかった遺体はユウではなく、なぜかヒヨリの妹だった。
再び巡り合ったエイミとヒヨリは、共に犯人を捜すことになるが思わぬ方向へ…

鳴海唯 仲万美
馬渕英里何 カトウシンスケ

監督・脚本: 松尾大輔
配給・宣伝: アルミ―ド

公式サイト: itsuwarinonai-movie.com

鳴海唯さんインタビュー:
https://okstars.okwave.jp/vol1048/

「滋賀県」に関連したQ&A:
https://okwave.jp/search?per_page=20&word=%E6%BB%8B%E8%B3%80%E7%9C%8C&sort=new

「琵琶湖」に関連したQ&A:
https://okwave.jp/search?per_page=20&word=%E7%90%B5%E7%90%B6%E6%B9%96&sort=recommend

今週の「OKWAVE Stars」は『川井郁子デビュー20周年音楽舞台&コンサート』の開演に先立って行われた公開フォトコール&取材会レポートをご紹介します!

OKWAVE Starsでは独自のインタビューとエンタメニュースを平日毎日掲載中。

今週の「OKWAVE Stars」は、『川井郁子デビュー20周年音楽舞台&コンサート』(2021年12月10日〜)開演に先立って行われた公開フォトコール&取材会レポートをお送りします

【取材会ご登壇】川井郁子、川井花音

『川井郁子デビュー20周年音楽舞台&コンサート』
第一部 音楽舞台『月に抱かれた日・序章』〜ガラシャとマリー・アントワネット〜
第二部 川井郁子 with 5 STARs コンサート

2021年12月10日(金)〜12日(日) 新国立劇場中劇場
2021年12月28日(火) 梅田芸術劇場メインホール

1793年、パリ。牢獄に囚われたマリー・アントワネットは、少女の頃に観た観たオペラを回想している。それは遠い異国の「強き貴婦人 ガラシャ」の物語。
「ガラシャのように、私は誇り高く最期を迎えられるのだろうか」。
すると、不思議な鳥が王妃をガラシャの物語に誘う。導かれた先には、夫から幽閉された山奥で、不信にぬれ、絶望するガラシャの姿があった…。

第一部:川井郁子、川井花音、三井高聡(Wキャスト)、小林玲雄(Wキャスト)、藤舎推峰、津村禮次郎、tea 他
第二部:川井郁子 with

<各回ゲスト>東京/1st(12月10日19:00)小西真奈美、2nd(12月11日13:00)咲妃みゆ、3rd(12月11日17:00)紫吹淳、4th(12月12日13:00)中川晃教、5th(12月12日17:00)秋川雅史
大阪/(12月28日18:30)秋川雅史、紫吹淳

制作総監督・企画・演出・音楽: 川井郁子
公式HP: https://ikukokawai-unframed.com/

取材会レポート:
https://okstars.okwave.jp/news2021120901/

「舞台」に関連したQ&A:
https://okwave.jp/search?per_page=20&word=%E8%88%9E%E5%8F%B0&sort=recommend

「コンサート」に関連したQ&A:
https://okwave.jp/search?per_page=20&word=%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88&sort=recommend

食欲の秋についてのアンケート結果

キャンペーンで実施した
OKWAVEからの質問【食欲の秋についてのアンケート】の
アンケート結果を発表します!

【OKWAVE】 食欲の秋に関するアンケート
https://okwave.jp/qa/q9930581.html

期間:2021年10月8日(金)~2021年10月26日(火)
回答:244件

たくさんの回答ありがとうございました。

「食欲の秋」で秋になったら絶対に食べたいメニューという質問では、「秋刀魚の塩焼き」が23%、「栗」が20%、そして「焼き芋」が12%とこの三つが上位を占める結果となりました。

塩焼きに加えて、お刺身で食べるという回答も!

———–
やっぱり生さんまです!
すだちをかけてさっぱり食べるのが大好きです?
生さんまは身が柔らかくてふわふわで美味しいですよね!
———–

秋の味覚の王道で一番脂がのっているこの季節の秋刀魚は食べずにはいられません。シンプルに塩焼きで食べるのもお刺身で秋刀魚の素の旨味を堪能するのも良さそうです。

二番目に回答が多かった「栗」は、栗ご飯やモンブランが食べたいという回答がほとんどでした。

———–
秋になったら食べたいのは、『栗のスイーツ』です!
ざっくりしていますが、モンブランは勿論ですし、栗が使用されているスイーツなら何でも食べたいです。
———–
栗を使ったもの、栗蒸し羊羹、栗ごはん。栗の渋皮煮。
———–

茹でたり焼いたり、おやつにもぴったりな栗。全国には「栗拾い」ができる農園も多く、自分で拾った栗で、手軽に栗ご飯など作ってみるのも秋の味覚の楽しみ方の一つでもありますね!

三番目に回答が多かった「焼き芋」はやはり、秋に食べるスイーツの一つとして欠かせない定番メニューです。
———–
焼き芋(アルミホイルにくるんで、オーブントースターで焼くだけで、本当に美味しいです!) 季節を感じられる食べ物です!
———–

他にも
———–
スイートポテトが食べたいです♪
旬の食材を使ったスイーツが大好きです~!
———–
スイートポテト。
繊維をちゃんと裏ごししてなめらかなやつが好きです。
———–

旬のサツマイモを使ったスイートポテトも秋には食べたいメニューですね。

この上位三つのメニュー以外にも、松茸の土瓶蒸し、キノコの炊き込みご飯や旬のキノコを使った料理に関する回答も多数いただきました。

では、秋に食べたいフルーツはどうでしょうか?

最も回答が多かったのは、全体のうち「柿」の7%でした。
———–
ズバリ!柿ですね。
それも焼き柿です。オーブントースターに横半分に切った柿を並べて
こんがり焼けるまで待ちます。
後は火傷しないようにお召し上がりください。
生では味わえない甘味ととろけ感が抜群ですよ。
一度お試しあれ。
———–
柿、こればかりは確実に秋が旬、毎年この時期が楽しみ。
———–

柿の旬になる季節は秋だけなので、絶対に食べないと後悔してしまいそうです。生で食べる以外に、乾燥させた干し柿もまた違った柿の美味しさを味わえそうです。

他にも、「梨」や「マスカット」といった回答も多く、特に「マスカット」はシャインマスカットが食べたいという回答も!

秋になると、たくさんの美味しい食材がありますが、同時に秋にしか味わえないフルーツもあるので迷ってしまいますね。今年の秋も健康に気をつけながら美味しく食べましょう。

先週、ICONOエキストラバージンオリーブオイルを皆様に送らせていただきましたがお手元に届いたでしょうか?

▼梱包作業の様子です♪

OKWAVEにはオリーブオイルの効能やレシピについて質問が多数寄せられています。
ぜひあわせてチェックしてみてください!

「オリーブオイルの効能」
「オリーブオイルを使ったレシピ」

いかがだったでしょうか。
今回のアンケートもたくさんの回答をいただきました。改めて心よりお礼申し上げます。

現在開催中のOKWAVEのキャンペーンはこちら!
是非、ご参加ください!

▼OKWAVEからの質問に回答すると抽選でAmazonギフト券をプレゼント!

キャンペーン詳細はこちら
https://staffblog.okwave.jp/2021/12/01/9752/

【OKWAVE質問】「冬の感染・不調対策」アンケート(全2問)*12/14(火)まで!

▼OKWAVEからの報酬付き質問に回答すると抽選でAmazonギフト券をプレゼント!

年末・年始 解決促進キャンペーン 期間:2022年1月11日(火)まで

キャンペーン詳細はこちら
https://project.okwave.jp/campaign/more-answer/?by=okwave_banner

▼優待に応募して、さらにOKWAVEからの質問に回答すると、当選確率がアップ!

<開催中の優待キャンペーン>

映画『ミラベルと魔法だらけの家』優待キャンペーン

キャンペーン詳細はこちら
https://staffblog.okwave.jp/2021/11/26/9733/

今週の「OKWAVE Stars」は映画『JOINT』(公開中)小島央大監督と主演の山本一賢さんへのインタビューをご紹介します!

OKWAVE Starsでは独自のインタビューとエンタメニュースを平日毎日掲載中。

今週の「OKWAVE Stars」には、映画『JOINT』(公開中)の小島央大監督と主演の山本一賢さんが登場。小島監督には、本作を現在進行形の裏社会を描き出した内容にした理由。主演の山本さんには主人公・石神武司の役作りや撮影で印象的だったシーンやエピソードについておうかがいしました。

映画『JOINT』2021年11月20日(土)より渋谷・ユーロスペース他全国順次公開中

刑務所から出所して東京に戻ってきた半グレの石神武司は、以前から得意だった個人情報の「名簿」を元手に、詐欺用の名簿ビジネスを再開する。広告代理店から引き出した顧客情報や韓国人の友人・ジュンギからもらった中古スマホの個人情報を合わせて精密な名簿を作り上げ、後輩の暴力団構成員の広野に売ってビジネスを成功させた。

その後、カタギの親友・ヤスから投資を勧められ、真っ当に生きたいと望む石神はベンチャービジネスに介入し投資家へと転身を図る。資金不足の若手クリエイターに出資し、やがて事業は軌道に乗り出す。いよいよ裏社会から足を洗おうとする石神だったが、その矢先に、大手取引先から彼の過去が問題視され「石神を外すように」と条件が出されてしまう。

一方、石神の後輩・広野が所属する関東最大の暴力団・大島会は、組を破門された武闘派たちが決起した壱川組から一大抗争を仕掛けられる。かつて大島会とつながりのあった石神も壱川組から<警告>を受け、カタギかヤクザか、大島会か壱川組か、自分自身の行く先に苦悩を募らせる。やがて抗争は激化し、国際社会で暗躍する外国人組織「リュード」もジュンギらを通して接近しはじめる。石神の周りで数多の思惑が大きく動き出す。そして、石神はとりかえしのつかない事件と対峙することになる。曖昧で歪んだ現代社会の中、自分自身を模索する石神が辿り着く先とは?

山本一賢
キム・ジンチョル キム・チャンバ
三井啓資 樋口想現 伊藤祐樹 櫻木綾 鐘ヶ江佳太 林田隆志 宇田川かをり 平山久能 二神光 伊藤慶徳 片岸佑太 南部映次 尚玄 渡辺万美

監督: 小島央大
配給: イーチタイム

公式サイト: joint-movie.com

小島央大監督、主演・山本一賢さんインタビュー:
https://okstars.okwave.jp/vol1046/

「個人情報」に関連したQ&A:
https://okwave.jp/search?per_page=20&word=%E5%80%8B%E4%BA%BA%E6%83%85%E5%A0%B1&sort=recommend

「詐欺」に関連したQ&A:
https://okwave.jp/search?per_page=20&word=%E8%A9%90%E6%AC%BA&sort=new